なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も全国各地の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログでしたが、2022年4月に徳島を離れるため対象地域を日本全国に広げました。)

なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

MENU

ローストビーフ丼の山に登頂せよ!レッドロック仙台店(仙台市青葉区一番町)

なまこマンの弱点は「映え」です。巷のおしゃれな食べ物をあまり網羅できていません。「マリトッツォ」ブームがもうとっくに過ぎ去ってしまったなんて衝撃です!

2022年度になってから、Instagramも積極的に更新しています。どうせだったら、インスタ映えするおしゃれフードにも、もう少し強くなりたいものです。

今回は、おしゃれフードの定番の一つである、ローストビーフ丼を流行らせた肉料理の店「レッドロック」の仙台店にお邪魔しました!

聳えること山の如し!

ローストビーフ丼が流行ったのって、もう5年以上は前じゃないかなぁ?

か、海底にはなかなか情報が入ってこないんだよ!

徳島って海底にあるの?

レッドロックは神戸発の肉料理の店で、全国各地に11店舗*1あります。仙台店は一番町商店街の南の端あたりにあります。

レッドロックの看板メニューはステーキ丼とローストビーフ丼です。カツ丼の提供もしているようですが、今回の目的はローストビーフ丼です。迷わず食券を購入し、バル風のムーディーなカウンター席について仕上がりを待ち続けました。

そして、出てきたのが…

ローストビーフの、山だ!!

ご飯を核にして、たくさんのローストビーフが山のようにうず高く積み上げられています!

山頂には卵黄が落とされ、そこから白いマグマのごとくドレッシングが流れ落ちています!

なぜ山に登るのか。それは、そこに山があるからです!ローストビーフの山を、攻略していきます!

まずはローストビーフを一口。

おっ、こりゃあ柔らかいぞ!

あっさりしてて食べやすいよね~

とっても柔らかいローストビーフは、噛めば噛むほど赤身の旨味がたっぷり出てきます。ドレッシングの酸味の他にも、おろし醤油系のソースもかかっていまして、洋風の内装や見た目とは裏腹に、味わいは意外にも「和」を感じさせてくれます。

丼物なので、ごはんとの相性も良い感じです。ソースやドレッシングがしみたご飯に、卵黄を崩して混ぜて、ローストビーフと共に味わうと、良い感じの酸味と旨味が食欲を刺激します!

一時のブームから、今となっては肉を提供する飲食店の定番メニューになりつつあるローストビーフ丼ですが、見た目がおしゃれで、食べやすいあっさりとした味わいで、大盛にすることもできるので、映えを求める人にも、がっつり食べたい人にも刺さる、世紀の発明だと思いました(笑)

ちなみに、レッドロックにはローストビーフ丼やステーキ丼以外にも、パワーライスやロコモコ等の肉をたっぷり使用した洋食メニューがたくさんあります。肉を肉を食べたい気分の時に、また試してみたいと思います!

ローストビーフ丼もいいけど、最近のトレンドは「このわたとカラスミのフラペチーノ」なんだよ!

なに!そんなトレンドがあるだと!?食べに行って来よう!(シュバババババ)

……あーあ。冗談だったのに、行っちゃった。本当に流行に疎いんだね~

レッドロック 仙台店

宮城県仙台市青葉区一番町1丁目11-19

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

人気ブログランキング

*1:アメリカにも1店舗