なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も全国各地の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログでしたが、2022年4月に徳島を離れるため対象地域を日本全国に広げました。)

なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

MENU

宮城名物をコンプリート!郷土料理 みやぎ乃の仙台膳(S-PAL仙台)

f:id:namakoman:20220401214021j:plain

仙台に来て改めて感じたのですが、宮城県はかなり広いです。面積で言うと、徳島県のおよそ1.7倍ですからね。

まだ仙台市すら網羅しきれていませんが、宮城県には仙台以外にも松島やら蔵王やら鳴子温泉やら、気になるスポットがたくさんありすぎます。早く宮城県を網羅したいです!

今回は、そんな願いを少しだけ叶えてくれる「郷土料理 みやぎ乃」「仙台膳」を紹介します!

この一食で、宮城県の主要な郷土料理を網羅できるって… マジすか!?

仙台駅地下の郷土料理店

f:id:namakoman:20220401214049j:plain

みやぎ乃は仙台駅ビル、S-PAL仙台地下のレストラン街にあります。店名の通り、牛タン等の宮城の味を提供しています。

f:id:namakoman:20220401213940j:plain

店内のポスターでは季節ごとの郷土料理が紹介されています。これが宮城の郷土料理なんですね。おくずかけ、って何なんでしょう。仙台サラダも気になります。どれも興味深いものばかりです。カキの名産地ゆえにカキを使った料理も多いですね。

ほやの刺身もある!ほやの刺身も食べたいなぁ!

ご当地の旨いものは、どれも魅力的です。とはいえ、いくら魅力的でも、一度の食事で食べられる量は限られています。牛タンを食べるか、はらこ飯を食べるか。男には涙を呑んで決断せねばならないときがあるのです。

ですが、どちらも食べられるという選択肢があるのなら、迷わずそれを選びたいですよね!

f:id:namakoman:20220401214018j:plain

安心してください。みやぎ乃の仙台膳なら、牛タンもはらこ飯も、どちらも味わえます!

宮城名物をこれでもかと詰め込んだ仙台膳を構成するのは、牛タン、はらこ飯、刺身、白石うーめんのおくずかけ、ずんだはっと、海藻の和え物といった面子です。タンパク質たっぷりの主力おかずからいぶし銀な箸休めまで、バラエティに富んだスタメンです。

宮城名物、出てこいや

f:id:namakoman:20220401214021j:plain

こちらが仙台膳です!すごいですね。本当に同じお盆の上にはらこ飯と牛タンと刺身が乗っかってますよ。オールスターゲームかっての!

そんな仙台膳を構成する宮城名物たちを、一つ一つ味わっていきましょう。

f:id:namakoman:20220401214032j:plain

まずは牛タンです。シンプルな塩焼きにレモンを絞って、さっぱり塩レモン風味で頂きましょう。

程よい厚みと、ザクザク食感がたまらないですね!噛めば噛むほど旨い牛タンは「このメニューを頼んでよかった」と思わせてくれました!

f:id:namakoman:20220401214025j:plain

続いて、はらこ飯を頂きます。先日食べたものと比較すると「炊き込みご飯」としての性格が強い一品に仕上がっていますね。ほぐし身の鮭が入った炊き込みご飯に、たっぷりのいくらと刻み海苔とほうれん草を乗せています。

ご飯に鮭の旨味がじんわりと染みていて、これまた優しい旨さです!いくらとの相性も抜群で、どんどん食べられますね。どちらかというと繊細な味わいなので、牛タンとは別々に食べたほうが良い気がしました(笑)

f:id:namakoman:20220401214028j:plain

こちらは初めましての郷土料理、白石うーめんのおくずかけです。うーめん(温麺)というのは白石市にて生産されるそうめんの一種で、油を塗らずに仕上げています。

「胃腸の弱い父親のために、息子が油を使わないそうめんを作って食べさせたところ、父親の体調がみるみるうちによくなった…」という逸話がうーめんの由来なのだそうです。

うーめんは現在も白石市にて親しまれており、そうめんが夏の暑い時期に冷やしで食べられることが多いのに対して、うーめんは通年食べられています。

まずは汁から啜ってみました。すると、ちょっとした驚きが待っていました。

あれ、これ、とろっとしてる!

なんと、汁があんかけのようにとろとろだったのです!

というのも、おくずかけという料理は野菜や油揚げ、豆腐などをだし汁で煮込み、片栗粉でとろみをつけた汁物なのです。そこにうーめんを加えることが多く、うーめんのメジャーな食べ方となっています。

味わいはとても優しく、鰹出汁と野菜の旨味が溶け込んだ醤油ベースのとろとろのだし汁が、滑らかで柔らかなうーめんによく絡みます。確かにこれは、胃腸が弱っていても美味しく食べられそうだし、元気になれそうです!

f:id:namakoman:20220401214036j:plain

デザートは、ずんだはっとです。はっと、というのは小麦粉に水を加えて練ったものを熟成させ、指で薄く伸ばした後に茹でたものです。「はっと汁」という、宮城県周辺などで食べられる汁物の実として使われることが多いです。平たく言うとすいとんですかね。

そんなはっとをずんだ餡に絡めたものがずんだはっとです。餅とはまた異なる、ツルっとしていてなおかつコシのある食感が印象的でしたね。

f:id:namakoman:20220401214040j:plain

f:id:namakoman:20220401214045j:plain

刺身や和え物も、メインおかずや箸休めとして美味しく頂きました!

宮城に旨いものあり

宮城にもまた、歴史や豊かな自然に基づいた興味深い郷土料理がたくさんあることがわかりました。海のものも山のものも美味しいです。仙台膳に乗っていたもの以外にも、まだまだ気になる郷土料理はたくさんあるので、機会を見つけて味わってみたいところです!

仙台膳は「仙台へ行って、牛タンが食べたいけれど魚も食べたい!」というような優柔不断な観光客の方に迷わずおすすめしたいです!ボリュームもなかなかあるので、満足できますよ。

改めて、宮城のいろいろなものを網羅したくなったよね。仙台からも飛び出して。

どこまでも、ついていきますよ!

郷土料理 みやぎ乃

宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1 エスパル仙台地下1階

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

人気ブログランキング