なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も全国各地の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログでしたが、2022年4月に徳島を離れるため対象地域を日本全国に広げました。)

なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

MENU

煮干しの極み!千極煮干(仙台市青葉区柏木)

その土地の旨いものを知りたかったら、地元民に聞くのが一番です。観光客向けの店よりもリーズナブルで穴場なところをよく知っています。そして、その情報は往々にして、意外なところから入ってくるものです。

今回紹介するのは「千極煮干」というラーメン店で、店名の通り煮干しラーメンを提供しています。この店を教えてくださったのは、部屋探しの際にお世話になった不動産屋の方でした。なんでも、その方のご友人がこの店の大ファンなのだとか。

その時は、その近くに住むかどうかわからなかった(=今後気軽に行けるかどうかもわからなかった)ので「一応覚えておくか」程度に思っていたのですが。気が付けば、ドロドロの沼のごとき濃厚煮干しスープに、ばっちりはまってしまいました!

東北最強の煮干しラーメン

とっても疲れました… まさか丘の上にあるなんて…

疲れたぶんだけ、ラーメンはうまくなるんだよ!

なまこマンさんはちっとも疲れてなさそうですね!!

千極煮干は青葉区柏木の住宅街エリアの入口付近にあります。余談ですが、このあたりから地形が小高い丘になってくるので、自転車で進むのがきついです(笑)

店名の通り、煮干しにこだわった一杯を提供している店舗です。「1杯につき55gの煮干しをただひたすら炊きます」というのがどのぐらい多いのかはわかりかねますが「東北最強煮干しラーメン」の一言に期待が高まるばかりです。

「煮干しがお嫌いな方は入店お断りいたします」

「煮干しがお好きな方は必ずご満足頂けます」

入口のところに立てかけられた看板には、このように書かれています。煮干しに対する絶対の自信を感じられますね!東北最強煮干しラーメンを名乗るだけのことはあります!

店内はカウンター席とテーブル席から構成されており、活気のある店員さんが元気よくあいさつしてくれます。近くの東北福祉大学東北大学の学生さんと思しき若い男性客がたくさん訪れていましたね。

卓上には味変調味料がたくさんあります。煮干しの入った「ニボ酢」のビジュアルが素敵すぎます。

あっ、注文したラーメンが来ました!

軽やかでも濃い煮干し 中濃煮干

こちらは「特製中濃煮干」です。たっぷりと乗った、種類豊富なトッピングが素敵ですね!

まずはスープから一口、啜ってみました。

軽やかな口当たりだけど、それでいて煮干しの旨味がしっかりと出ていて、とっても美味しいです!

茶色く濁ったスープは軽やかでマイルドな口当たりながらも、煮干しの甘さ、旨味、ほろ苦さがしっかりと出ています!かえしの醤油もまろやかな口当たりです。

麺はムチっとした噛み心地で、パツンと切れるような食感です。やっぱり強い麺は、煮干しの味わいがしっかりとしたスープの中で存在感を放ってくれますね。

トッピングはねぎ、糸唐辛子、海苔、味玉、野菜、チャーシュー、鶏むね肉、軟骨入り鶏つくねと、非常に種類豊富です!いずれも食感が楽しく、肉類は香ばしい味わいで、食べ応え抜群です。

中濃煮干は、煮干しの旨味がしっかりとしているけれど、それでいてクセは強すぎず食べやすい、そんな一杯です!

初心者お断り!? 特濃煮干

僕はこれ!特製特濃煮干に刻み玉ねぎトッピングだ!

これって… 券売機のところに「初心者お断り」って書いてあったやつですよね!?

なぁに!煮干しは王者-23でたっぷり食べてきたから初心者じゃあないよ!

こちらは「特製特濃煮干」です*1。券売機のところに「初心者お断り」と書かれている代物です!ここで思い出すのが、入口のところの「煮干しがお嫌いな方は入店お断りいたします」「煮干しがお好きな方は必ずご満足頂けます」の看板ですね。煮干しを極め過ぎた結果、特濃煮干は相当なマニア向けに仕上がっているということなのでしょう…!

見てください。この濃厚なスープを。中濃煮干と比較して、より濁り、より灰色がかった、ボトボトのセメント系スープです。

すごい!これは極限の煮干しだ!入口の看板、そういうことか!!

一口啜ると、煮干しの味わいがガッツリと広がります!煮干しの旨味、ほろ苦さが凝縮された、濃厚なスープはもはやです。これは世界一旨い沼です(誉め言葉)

55gの煮干しって、凄いんですね…!

スープを纏った「ムチパツ」食感の麺は、このドロドロセメント沼スープにも負けていません!

煮干しに溺れ、煮干しの沼に沈む。これは確かに、煮干しの味が大好きな方なら大満足の一杯ですね!

煮干しだけじゃない!限定ラーメンの数々

ここまで読んでくださった皆様には、千極煮干がいかに煮干しにこだわった店かがお分かりいただけたかと思います。

ですが、千極煮干は、煮干しラーメンだけのラーメン屋ではないのです。定期的に「祭り」と呼ばれるイベントを開催しており、趣向を凝らした様々な限定ラーメンを提供しているのです!

こちらは3月に開催された「家系祭り」にて提供された家系ラーメン(肉増し)です。スープは濃厚ですが、それでいて味は濃すぎず、しっかりとした旨味があり、理屈抜きで旨い家系ラーメンでした。

おすすめのサイドメニュー「タルタルソーキご飯」も、味の染みたチャーシューと、酸味の効いたタルタルソースの味がご飯とベストマッチで、罪な味わいでした!

こちらは、4月末の「つけ麺の日」に提供された煮干しつけ麺(肉増し)です。

グツグツと煮えた濃厚な煮干しスープに、平打ち縮れ太麺をくぐらせていただきます。ムチムチの麺が濃厚なスープにしっかりと絡んで、満足度抜群の一杯でした!

ついに推しの店を見つけたかも…

徳島に居た頃の「王者-23」のように、仙台でも推しの店を見つけられたら… なんて思っていましたが。ついに仙台での推しを見つけたかもしれません…!

濃厚な煮干しの味わいに、積極的なイベントや、限定メニューの提供といったお客を楽しませる姿勢に、元気の良い接客。どれをとっても、気持ちよくガッツリとラーメンを楽しむことができる店ですね。

ちなみに、仙台での推しのラーメン店は千極煮干以外にもう1店舗見つけているのですが。それはまた後日の記事で紹介させていただきます!

ひぃっ…!坂がきついです~!「重り」は置いていきます!

ああっ!置いていかないで!!人間にきつい坂は、なまこにとってはもっときついんだよぉ!てか誰が重りだ!

千極煮干

宮城県仙台市青葉区柏木2丁目6-28

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

人気ブログランキング

*1:中濃煮干とは別日に訪問して頂いています