なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

阿波ダイニング しん坊で阿波尾鶏水炊きを食らいながら呑む!(徳島市国府町南岩延)

f:id:namakoman:20211005002307j:plain

先日の記事で、国府町のダイニングバー「阿波ダイニング しん坊」のランチを紹介しました。

namakoman.hatenablog.com

ですが、ランチを注文する際に、タッチパネルで色々なメニューを見ていて思ったのです。「飲みてえなぁ」って!やっぱりダイニングバーですから、料理だけでなくお酒も楽しみたいです。

なのでちょっとした仕事を終えた記念に、自分へのご褒美として飲みに行ってきました!(※酒類提供再開後の訪問です。)

f:id:namakoman:20210202020229p:plain

誘ってくれてありがとねー。代行も手配してるし、飲む準備はバッチリよ!

いろいろ気になるメニューがありますので、一緒に食べて確かめましょう!

地酒からクラフトビールまでよりどりみどり

f:id:namakoman:20211005002300j:plain

まずはドリンクからねー。何飲みますぅ?

じゃあ「おおぼけこぼけ」のロックで!

おお、いきなりいくねぇ!

今回は食べること以外に、飲みもメインイベントなのでまずはドリンクからチェックしてみました。

いやぁ、いっぱい揃ってましたね… 「梅と紫蘇の甘くないサワー」や「パイナップルと黒糖の沖縄サワー」みたいなおしゃれなカクテルから「瓢太閤」や「御殿桜」などといった地元徳島のお酒まで、いろいろなバリエーションのお酒が揃っていました。

f:id:namakoman:20211005002232j:plain

あとは各地のクラフトビールも豊富に揃っていましたね!

f:id:namakoman:20211005002303j:plain

今回僕が最初に注文したのは、上板の日新酒類株式会社が製造する麦焼酎「おおぼけこぼけ」です。オン・ザ・ロックで頂きました。

オン・ザ・ロックは飲むタイミングによってお酒の味が移り変わっていくあたりが、諸行無常って感じがして良いですよね…

なーに分かったようなこと言ってんだ!

麦焼酎としてはマイルドな味わいの一品のようなのですが、普段そんなに焼酎を飲み慣れているわけでない僕にとっては結構パンチがありましたね(笑) ですが、後味はとてもすっきりとしていました。

阿波尾鶏水炊きは濃厚な旨味の塊

f:id:namakoman:20211005002257j:plain

今回のメインディッシュは、徳島の人気地鶏「阿波尾鶏」をふんだんに使った「阿波尾鶏の水炊き」です!

やったー♡ 水炊き大好き!

f:id:namakoman:20211005002307j:plain

カセットコンロで煮込みながら作っていきます。白濁したスープと、大粒の鶏肉と、たくさんの野菜やきのこがとても美味しそうですね!

煮えるまでの間に、おおぼけこぼけをちびちびと飲んでいきます。氷が溶けて口当たりもマイルドになりました。

おっ。そろそろいいんじゃない?

そうですね!

f:id:namakoman:20211005002311j:plain

鶏肉と野菜を取って、小皿のポン酢をかけて、薬味のネギと大根おろしを乗せて早速頂いてみました!

ん~っ!おいしい~♡

具材やスープはもちろんですが、ポン酢も美味しいですね!

良い具合の火加減でぷりぷりに仕上がった阿波尾鶏の鶏肉も、野菜も、スープの旨味を程よく吸ってとても美味しいのですが。僕はポン酢の美味しさにも感動しましたね!

f:id:namakoman:20211005002236j:plain

こちらのポン酢、鹿児島産の鰹節と利尻昆布、上勝の「ゆこう*1」を合わせたこだわりの逸品なのです。爽やかな酸味と、鰹と昆布の旨味が食欲を加速させてくれましたね。ちなみにポン酢を含めたしん坊の調味料は購入が可能とのことです。

f:id:namakoman:20211005002315j:plain

お豆腐とえのきを取って、スープをちょっと入れて、七味をかけてみたりなんかしても最高です!鶏の旨味とポン酢の酸味がマリアージュして、旨い旨い!

徳島名物「ハモの湯引き」

これも食べたいなー。頼んじゃおう!

f:id:namakoman:20211005002319j:plain

続いて、ハモの湯引きを注文しました!

徳島はハモの産地の一つです。ですが、僕はあまり食べたことがありません!4年前に送別会でハモ鍋の店に一度行ったきりです!あとは吉野川フェスティバルで「ハモクリームコロッケ」を食べたぐらいですかね。

f:id:namakoman:20211005002323j:plain

やわらかいわぁ~!染み渡る!

食感が最高ですね!

久しぶりに対面したハモは真っ白でぷりっぷりで、上にちょこんと乗った梅肉が可愛らしいヤツでした。

味わいは淡泊ですが奥ゆかしい甘味があり、ぷりっとした食感がたまりません。ポン酢や梅肉やみょうがでさっぱりと頂くのが良い感じでしたね。こんなに上品な味わいなのに、ハモという魚自体はあんなにワイルドな顔をしているのが信じられません。

初めてのレバ刺し(低温調理)

低温調理のレバ刺し… 気になる!

f:id:namakoman:20211005004050j:plain

飲食店で生レバーを提供できなくなってもうかなりの年月が経ちました。

当時は「生レバーってそんなにありがたがるようなものなんだろうか?」と疑問に思っていましたが、今となっては確かめる術がないので、密かに気になり続けていました…

そして今回、低温調理なので完全な生レバーではないものの、長年抱き続けてきた生レバーに対する疑問がついに解決する時が訪れました。

f:id:namakoman:20211005004046j:plain

f:id:namakoman:20211005004042j:plain

ごま油と塩で、シンプルに頂きます!

あっ!何これ!甘い!コリコリしてる!なんだこれ!僕の知っているレバーじゃないぞ!?

びっくりしましたね。焼いたレバーは滑らかでふわふわで、ほんのちょっとだけ口の水分を持っていかれる様な感じの口当たりなのに、レバ刺しだと全然印象が違いますね…

まず、コリコリなんです。それから、噛めば噛むほど甘いんです。塩とごま油のシンプルな味付けが、レバ刺しの甘味をより引き立ててくれています。

これは癖になる味わいですね。本当に「生」だったらどんな味わいなのか、ちょっと気になりましたよ… 食中毒の心配がないレバ刺しと鳥刺しがあったら、いくらでも払いますよ!(え)

〆のラーメンが最高!

f:id:namakoman:20211005002327j:plain

ドリンクを、すだち酒のソーダ割りに変更してよろしくやっていた頃。水炊きの〆の準備が整いました!

f:id:namakoman:20211005002331j:plain

〆は残ったスープに中華麺を入れた、鶏白湯ラーメンです!

取り皿に麺を取ってスープをよそって、早速頂いてみたのですが…

f:id:namakoman:20201022234220p:plain

ああ!一滴も残したくない!!

うますぎでしょー!!!

白濁した白湯スープには、鶏の骨の髄や、皮の柔らかいところからたっぷり染み出したコラーゲン的な物を感じられます。うまみが爆発しています。これは旨すぎます!スープを一滴も残さず飲み切ってしまいたいです!

そんな旨いスープに絡む麺も本当に最高です!!

いやぁ、本当に感動的な〆でした!

お酒もご飯も美味しい、ゆったりと飲めるダイニングバー

今回はしん坊にて料理と一緒にお酒を頂きました。特に水炊きはとても美味しかったです!

2回目の訪問で改めて思ったのは、しん坊は落ち着いた雰囲気でゆったりとしたひと時を楽しめる店だということです。時間を気にせず楽しめる飲み放題コースもあるので、気の置けない仲間とゆったりと楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

今度行くときは、ぜひとも友人や家族を誘って行きたいと思います。そして、積もる話をたくさんしたいですね。

ごちそうさまでした!

ただいまぁ~

なまこの酒蒸しみたいな匂いがする…

阿波ダイニング しん坊

徳島市国府町南岩延字三反地32-10

 

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします。

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへにほんブログ村 グルメブログ 四国ラーメン食べ歩きへにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へにほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

人気ブログランキング

*1:ゆずの変種の柑橘類