なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

にけんや伍長(徳島市末広)

f:id:namakoman:20200712220113j:plain

7月になってから忙しい日々が続いている上に、世間も何やら慌ただしくなってきた。ブログの更新もおぼつかない日々だけど、無理なく活動していきたい。

さて、今回は久しぶりにお店訪問の記事です。

今回は徳島市東部の末広にある「にけんや伍長」という中華そば店に訪問した。

f:id:namakoman:20200712220122j:plain

にけんや伍長は末広のイオンモールのあるあたりからさらに東に進んだ住宅地の中にある。かつては店名の通り、南二軒屋町にあったそうだ。

また、店主は北島町の有名店「いもお」のご兄弟とのことで、同店で修業した経験もあるという。

店内はカウンター10席、テーブル10席の20席程度。お客さんがたくさん入っていたので写真は撮れなかったけれど、店内には自衛隊や旧日本軍に関係した掲示物、資料が数多く飾られている。

腕章や軍刀など、資料館じゃないとお目に掛かれなさそうな品も飾られている。

にけんや「伍長」という店名もミリタリー的な由来なのでしょうか。

店内のテレビではアニメチャンネルを流していたけれど、放送されていたアニメがよりにもよって「生徒会役員共*1」だった(笑) 店内には他にもアニメのDVDが置かれていたので店主はアニメもお好きなのかもしれない。

長距離を自転車で移動し、お腹が空いていたのでガッツリいくべく麺の2玉入った「そば チャーシュー入り(特大)」を注文した。(850円)

f:id:namakoman:20200712220113j:plain

そば チャーシュー入り(特大)(850円)

量のわりになかなかリーズナブルだ。

まずはスープからすすってみる。豚骨のうまみがじんわりと効いていて、醤油ダレの香りも味も良い。醤油ダレのしょっぱさが良い感じに口をさっぱりとさせてくれて、脂っこさなどを感じさせずにするすると口の中にスープを流し込ませてくれる。

f:id:namakoman:20200712220118j:plain

麺は中細のつるつるとしたやや柔らかめのストレート麺。啜り心地がとても良い。

トッピングのチャーシューは分厚く、柔らかさと歯ごたえのバランスが程よい。スープと同系統のしょっぱめのタレがとてもよくしみている。こりこりとした食感の水煮メンマと、シャキシャキとしたゆでもやしがしょっぱくなった口の中を良い感じに中和してくれるおかげで、無限に食べられそうだった。

 

コスパが非常によく、ジャンキーさがありつつも醤油ダレの味とだしのバランスには丁寧な仕事ぶりを感じられる。

他のお客さんは焼き飯を頼んでいた。今度はぜひそれも試してみたい。あとは、あのスープにはニンニクを入れてもなかなか良さそうだ。

いもおの系列の店とのことですが、同じルーツを感じられるような「しょっぱくて旨い」スープが魅力的でした。それでいてタレ自体の旨味と豚骨の旨味のバランスも良い一杯でした。お腹いっぱいになれました。ごちそうさまでした!

*1:週刊少年マガジン連載。平たく言うと下ネタ漫画