なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

珍道中の末たどり着いた「鴨島飯店」(吉野川市鴨島町鴨島)

f:id:namakoman:20200219214743j:plain

これは先日、猪肉うどんを食べに道の駅どなりへと向かった日のこと…

目的の猪肉うどんを食べ、卯月屋のチョコレート団子も食べ、あとは「御所の郷」の温泉にでも入って帰ろうかと思ったその時、ロードバイクのタイヤがパンクしていることに気づいた。

なんてこった。この前修理したばかりなのに…

とはいえこんなことはロードバイク乗りにとっては日常茶飯事。サクッとチューブを交換して空気を入れ直す。復活したタイヤでサッと山を下り、飲み物を買いにマルナカに立ち寄ったところ…

なんでタイヤしぼんでんねん!!

時間にしておよそ10分だと思う。新品のチューブが再びパンクし、僕はパンクした無力なロードバイクと共に阿波市に取り残された…

まずは自転車屋を探してみる。Googleマップによると、どうやら柿原のマルナカのすぐ近くに自転車屋があるようだ。

その場所まで歩いて行って、自転車屋を探していると、ご婦人に声をかけられた。

自転車屋さんをお探しですか?

はい。そうですが…

無くなったんよー。うちがあったとこ、昔は自転車屋さんだったんだけど…

ええーっ!?

…なんと、僕が探していた自転車屋はすでに廃業していて、今はパン屋になっていたのだ。声をかけてきたご婦人はパン屋の店主だったようだ。

このへんに自転車屋さん無いんですよねー… でもこの道沿いにコメリはありますよ。

確かにパン屋から柿原のマルナカを挟んで反対方向に、コメリ土成店がある。僕はパン屋の方々に礼を言って、コメリに向かった。ピンホールの空いたチューブに空気を入れ、だましだましコメリへ向かう。やはりというか5分も持たずにタイヤはぺったんこになってしまった。

しかしたどり着いたコメリでも。

コメリの店員)ロードのチューブはないねぇ…

ですよね…

…まあわかってはいた。コメリはホームセンターであって自転車屋ではないから。

f:id:namakoman:20200219214735j:plain

だけど人生というのはうまくできているものだ。 このような絶望的な状況の中、トイレに行きたくて立ち寄ったしまむら土成店にて、ずっと探していたしまむらロゴロンT」を見つけることができた(笑)しかもサイズもピッタリだ。

…とはいえ、探していたものが見つかってもタイヤに空いた穴が塞がるわけではない。 こうなったら仕方ない。僕は腹をくくって、今いる阿波市よりも大きな街である、吉野川市鴨島までロードバイクを押して歩いていくことにした。

鴨島にはきっと自転車屋があるはずだ… と思ったのもつかの間。

日曜定休の店ばっかり!!

僕は最終手段に出ることにした。それは輪行だ。ロードバイクを畳んで輪行袋に入れ、鴨島駅から徳島駅まで列車で運ぶのだ。輪行袋を買っておいて本当に良かった。もし持っていなかったらと思うとぞっとする。

…とりあえず、徳島方面へ向かう列車が出るまで時間をつぶしたかった僕は、鴨島駅前にあったこちらの店にお邪魔した。

f:id:namakoman:20200219214747j:plain

鴨島駅から出てすぐ右手にある、鴨島飯店」という中華料理店だ。

f:id:namakoman:20200219214739j:plain

前置きが長くなりましたが、ここからが本編です(笑)

年季の入った町の中華料理店といった雰囲気の店内では、テレビから「そこまで言って委員会」が流れていた。本来なら今頃帰宅していたはずだけれど、逆にロードバイクのタイヤがパンクしていなかったら立ち寄ることは無かったかもしれない。こういうハプニングも旅には付き物だろう。

メニューはラーメンやチャーハン、麻婆豆腐などよくある中華料理のラインナップといったところ。気が付けばかなり空腹だったので、がっつりと腹を満たせる「スタミナラーメン 油淋鶏セット」を注文した。

f:id:namakoman:20200219214743j:plain

スタミナラーメン(油淋鶏セット)(700+350円)

スタミナラーメンはいわゆる「徳島ラーメン」タイプのラーメンで、炒めた豚バラ肉がたくさん乗っているのが特徴。食べ応え抜群でボリュームたっぷりだ。

スープは醤油ダレのしょっぱめの味の立った豚骨鶏ガラスープで、バラ肉の脂でほんのり甘い。

豚バラ肉以外にも、もやしと茹でタケノコが入っていて、食感もとても楽しい。

セットの油淋鶏は揚げたてのジューシーな唐揚げに甘酸っぱいタレがかかっていて、しっかり脂を感じられるけれど程よくさっぱり感もあって、ご飯が無限に食べられそうなおいしさだった。

 

食べ終わった頃には丁度良く徳島行きの列車が出る少し前だったので、ロードバイクを畳んで鴨島駅へと向かった。

鴨島の方には普段めったに行かないので、考えてみればタイヤをパンクさせたからこそ出会えた味なのかもしれない。人生どんなハプニングがあるかわからないけれど、どうせならハプニングだって楽しみに変えてしまいたい。そんなことを強く思った珍道中の一日だった。

帰りに乗った列車がまさかの「特急剣山」で、特急料金も支払う羽目になったというオチが付きますが(笑)