なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

徳島麻婆屋 善(徳島市佐古二番町)

f:id:namakoman:20200105090852j:plain

2020/1/4訪問

新年初訪問は、佐古二番町の「徳島麻婆屋 善」です!

ハローズ佐古店オープンでにぎわいを取り戻した佐古駅前。「徳島麻婆屋 善」はまさにハローズの目と鼻の先にある。夫婦で経営している、麻婆豆腐を中心とした中華料理を提供する店だ。

f:id:namakoman:20200105090857j:plain

扉のところのお洒落な看板が目印。店内は落ち着いた雰囲気で、奥さんがホールを、旦那さんが厨房を担当している。奥さんがおんぶ紐でお子さんを背負いながら接客されているのが印象的だ。

f:id:namakoman:20200105090840j:plain

 

ランチタイムにはお得なセットメニューを楽しめる。

今回は「麻婆豆腐セット」を頂くことにした。麻婆豆腐にライスとサラダ、ザーサイ、デザートの杏仁豆腐が付いてくる。 

f:id:namakoman:20200105090827j:plain

自慢の麻婆豆腐は「赤」「白」「紅」の三種類の味から選ぶことができる。

赤は旨辛の四川風麻婆豆腐、白は豆乳仕立てで辛みの苦手な子供でも食べられる麻婆豆腐、紅は赤の五倍は辛い激辛麻婆豆腐とのことだ。

どれも気になったけれど、まずはオーソドックスな「赤」を試してみることにした。 

f:id:namakoman:20200105090852j:plain

麻婆豆腐セット(825円)

麻婆豆腐は石焼鍋のような器に入れられ、熱々の状態で提供される。

辛みよりも、肉味噌のコクのあるうまみを真っ先に感じられる。けれども食べ進めるとしっかりと汗が出てくる。辛みをしっかりと内に秘めている。豆腐は柔らかくまろやかで、ひき肉やニラの食感も楽しい。

赤のマーボ豆腐はあまり辛すぎなくて、食べやすい旨辛な麻婆豆腐でした。

f:id:namakoman:20200105090848j:plain

善セット(1045円)

続いては夜に訪問。店名を冠した「善セット」を頂いた。麻婆豆腐セットに小鉢を追加したものだ。麻婆豆腐は「白」をチョイスした。

白の麻婆豆腐は餡の部分が豆乳ベースに塩をきかせたまろやかな味わいになっている。口いっぱいに心地よい塩気とまろやかな大豆の味が広がる、優しい麻婆豆腐だ。これなら辛みが苦手な方にも確かに食べやすいと思う。

f:id:namakoman:20200105090844j:plain

卓上には白胡椒と花椒の小瓶が置かれていて、麻婆豆腐の味変をすることができる。

白の麻婆豆腐には白胡椒がよく合う。白胡椒の辛みがアクセントとして味を引き締めてくれる。

f:id:namakoman:20200105090836j:plain

f:id:namakoman:20200105090831j:plain

善では店名にもある麻婆豆腐の他にも、中華料理を幅広く提供している。ラーメンやチャーハン、回鍋肉などの一品料理をお手頃価格で楽しめる。個人的に、ラーメンもぜひ試してみたい。

味わい深い麻婆豆腐でした。ご家族仲良く、これからも頑張ってください。ごちそうさまでした!