なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も全国各地の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログでしたが、2022年4月に徳島を離れるため対象地域を日本全国に広げました。)

なまこマンの日本どこでも満腹宣言!

MENU

【岡山名物ひとくち紹介】加茂川キムチ

f:id:namakoman:20200103151029j:plain

ただいま実家の岡山に帰省中です。帰省したら必ず食べる特産品を紹介します。

実家に帰省したら必ず食べるもの、それは岡山県加賀郡吉備中央町で製造されている「加茂川キムチ」だ。母や妹の好物で、実家の冷蔵庫に常備されている。

吉備中央町の旧加茂川町エリア*1の特産品の一つに白菜があり、加茂川キムチはその白菜を活かしたものだ。工場に併設された直売所のほか、町内の道の駅や、県内各地のスーパーマーケットにて販売されている。

加茂川キムチは酸味や辛味が控えめで、タレの魚介や貝柱、昆布のうまみが前面にたっぷりと出ている。にんにく等香辛料も控えめで、あっさりとした食べやすいキムチだ。大手メーカー製の市販のキムチと比較してもかなりあっさりとしている。クセがないのでキムチが苦手な人でも食べやすい。妹も幼い頃に「辛い」という先入観からキムチを敬遠していたけれど、加茂川キムチでキムチの美味しさに目覚めていた。

岡山県にお越しの際は、ぜひとも味わってみてほしい!

僕も徳島に帰るときに、お土産に持たせてもらおうと思ってます!

*1:2004年10月1日に上房郡賀陽町と御津郡加茂川町が合併して吉備中央町が誕生した