なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

京都食べ歩記 3.天下一品 南座前店の「味がさね」

f:id:namakoman:20191102103333j:plain

京都といえば、「天下一品」の創業の地。だから京都に行った際にはぜひとも天下一品に立ち寄りたいと思っていた。

行程の関係で残念ながら本店には行くことができなかったけれど、四条大橋近くの「天下一品 南座店」にて見たことのないメニューを見つけた。

それが、「味がさね」だ。

f:id:namakoman:20191102103350j:plain

味がさねは、ラーメンに薬味を追加して言って味の変化を楽しむ一杯。

ごま、肉味噌、にんにく、オニオンチップが付属する。

f:id:namakoman:20191102103431j:plain

味を変える前のラーメンそのものもおいしい。こってりラーメンのスープに生姜の風味を強くきかせて、和のテイストの味わいになっている。

具材として白菜と豚バラ肉が入っている。

f:id:namakoman:20191102103416j:plain

薬味をいろいろ乗せて味変をさせてみると、確かに印象も変わってくる。大人しめな和の印象だったスープがどんどんパンチ力を持ってくる。

 

とても面白い一杯を、天下一品のおひざ元の京都で食べられてよかった!

…と思ったら

(「麺屋 藤」に一緒に行った友人)「味がさね」ってどこにでもあるで?徳島の天一にもあるやろ!

な、なんだってー!!

天下一品のホームページを調べてみたら、確かに「味がさね」というメニューは一部店舗限定とはいえ幅広く展開されているようだった。そして徳島店にもしっかり「味がさね提供店舗」と書かれていた…(笑)

「わざわざ京都に行かなくても食べられた」というまさかの落ちでしたが、美味しく頂きました。

以下おまけ 京都写真ギャラリー③

f:id:namakoman:20191102103533j:plain

f:id:namakoman:20191102103539j:plain

京都御所に行きました。ここで歴史上のいろいろなことが起こっていたのかと考えるとロマンを感じずにはいられませんでした。連れに「どうして地面が砂利なのか」と聞かれたので「侵入者に気付きやすいからじゃないか」と答えましたが、本当のところどうしてなのかはわかりません(笑)

f:id:namakoman:20191102103516j:plain

一口グルメ紹介。京都駅ビルにある西京漬けの店「栄寿庵」にて西京漬けセットをいただきました。「こういうのを上品な味と言うんだな」、と感じました。

f:id:namakoman:20191102103448j:plain

f:id:namakoman:20191102103455j:plain

一口グルメ紹介その2。四条河原町の飲めるたこ焼き酒場、「京の華」です。テーブルにたこ焼き用の鉄板があって、たこ焼きを焼きながら飲めます。手作りって盛り上がって楽しいですね。

(京都食べ歩記は以上となります。閲覧ありがとうございました!)