なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

香川で讃岐うどん食べ比べ 3.連絡船うどん(JR高松駅)

f:id:namakoman:20191023211219j:plain

香川の讃岐うどん食べ比べ、第三弾は高松駅「連絡船うどん」

瀬戸大橋の開通前は、岡山の宇野港高松港の間を「宇高連絡船」が繋いでいた。連絡船が列車を積み、宇野港高松港の間を移動していた。

連絡船うどんは元々連絡船で営業していたうどん屋で、旅行者や四国に帰る人々の舌を楽しませていたという。

そんな連絡船うどんは現在、JR高松駅駅ナカにあるうどん屋として親しまれている。

f:id:namakoman:20191023211216j:plain

高松駅の改札近くに、店舗を構えている。

店内は立ち食い形式だけど、屋台を模した外の席で列車を見ながら座って食べることも可能。また、改札の外からも利用することができる。

当然ながら店内に仕切りがあって、改札外から駅構内に入ることはできません。

f:id:namakoman:20191023211211j:plain

メニューは温かいうどん4種類と、冷たいぶっかけうどんが3種類。

食券を購入してカウンターの奥の店員に渡すと、あっという間にうどんを茹でて提供してくれる。

f:id:namakoman:20191023211223j:plain

肉うどん(大)(620円)

温かい肉うどんを注文した。

かけだしは塩分控えめな薄味ながらも、いりこの味を強く感じられて旨味たっぷり。うどんはコシの強い系ではないけれど、もっちりとした食感が楽しめて喉ごしが良い。牛肉はほのかに甘辛く炊かれている。全体的におとなしい感じの優しい味のうどんだ。

大サイズなのでボリュームも満点。かけだしがなみなみと注がれているけれど、そのおかげで最後まで温かく頂ける。

f:id:namakoman:20191023211206j:plain

店内の各所には連絡船をテーマにした装飾が施されている

高松で用事を済ませてきた帰りにも立ち寄りました。

f:id:namakoman:20191023211219j:plain

肉ぶっかけ(並)(510円)

今度は冷たい肉ぶっかけ(並)を注文。

だし醤油は昆布系の旨味が強くて、これまたしょっぱすぎない優しい味だ。冷たく引き締まったうどんは滑らかに喉の奥に流れ込んでいく。薬味の大根おろしと合わせて、さっぱりと頂けた。

連絡船で営業していた当時は麺を茹でおきしていたらしく、当時食べた人いわく「コシがなかった」のだとか。今は茹でたてのうどんを提供しているので、もっちりとした食感を楽しめる。

コシが弱めなのは、ある意味当時の味の再現なのかもしれません。

高松駅は駅うどんも美味しい。香川上陸一発目、ないし香川最後のうどんは、連絡船うどんを味わってみてはどうだろうか。

楽しい旅の思い出になりました。ごちそうさまでした!