なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

【道の駅巡り】うずしお(南あわじ市福良丙)

f:id:namakoman:20191012230647j:plain

兵-15 うずしお

兵庫県南あわじ市福良丙947-22

f:id:namakoman:20191012224531j:plain

【スタンプ】

f:id:namakoman:20191012224526j:plain

f:id:namakoman:20191012224522j:plain

【記念きっぷ】販売中

1998年に登録された、南あわじ市の門崎(鳴門岬)の先端にある道の駅。

このあたりは人里離れた観光道路だけど、うずしおは常時多くの観光客でにぎわっている。

その理由は、この道の駅が様々な取り組みを行っていて、魅力的な「旅の目的地」になっているから。

f:id:namakoman:20191012230644j:plain

売店「ショップうずのくに」では淡路島と対岸の徳島の特産品やお土産を幅広く取り揃えている。多数のオリジナル商品も取り扱っており、その品揃えは淡路島No1を自称するほど。

f:id:namakoman:20191012230652j:plain

うずしおはとにかく玉ねぎ押しの道の駅。至る所に特産の玉ねぎをあしらった物がある。自販機が玉ねぎなのは序の口で、

f:id:namakoman:20191012230655j:plain

インスタ映え間違いなしの玉ねぎベンチに…

f:id:namakoman:20191012230630j:plain

たくさんの玉ねぎを実らせた壮観な「たまねぎの木」。

f:id:namakoman:20191012230633j:plain

店内には、被って買い物をすると粗品をもらえる「玉ねぎカツラ」まである。

思わずSNSに投稿したくなるようなフォトジェニックな仕掛けがとても楽しい。

f:id:namakoman:20191012230626j:plain

道の駅の建物から少し離れたところには展望台があって、鳴門海峡大鳴門橋を眺めることができる。

f:id:namakoman:20191012230706j:plain

鳴門海峡の歌碑(僕の美脚も写りこんでいる)

f:id:namakoman:20191012230702j:plain

阿波踊りの顔はめ看板。徳島(鳴門)は目と鼻の先

f:id:namakoman:20191012230658j:plain

大鳴門橋のケーブル

f:id:namakoman:20191012230641j:plain

うずしおに来たら、ぜひとも「淡路島オニオンキッチン」にて「あわじ島バーガー」を食べておきたい。

全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位を独占した、「あわじ島オニオンビーフバーガー」と「あわじ島オニオングラタンバーガー」を味わうことができる。

f:id:namakoman:20191012230639j:plain

こちらがあわじ島オニオンビーフバーガーと、オニオンリングとアイスコーヒーのセット。(1030円)

公式ホームページにも書いてあるように、主役はビーフ(淡路牛)ではなくオニオン。

f:id:namakoman:20191012230635j:plain

ふかふかのバンズの間にオニオンフライと生のオニオンスライスが挟まっている。他にも玉ねぎ入りトマトソースとオニオンフォンデュ、カリカリのオニオンチップが入っている。

オニオンフライの甘くとろけるような味わい、オニオンスライスのシャキッとした食感とキリッとした味わい… 一つのバーガーの中で、玉ねぎの様々な表情を楽しむことができる。手軽に淡路島の恵みを味わうことのできる、おすすめのメニューだ。

 

淡路島の最果ての地ではあるけれど、淡路島旅行の目的地の一つとして存分に楽しめる道の駅うずしお。対岸の鳴門公園にも、うずしおに負けじと頑張ってほしい!!