なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

香川で讃岐うどん食べ比べ 2.こだわり麺や 綾南店(綾歌郡綾川町小野)

f:id:namakoman:20191010235938j:plain

香川巡り二日目もうどん。この日は綾川町にある「こだわり麺や 綾南店」に立ち寄った。

こだわり麺やは香川県内に12店舗、マレーシアに2店舗を展開する香川発の讃岐うどんチェーン店。しかしチェーン店でありながらも香川県民を満足させるクオリティの高さを誇り、弟やその友人たち(生粋の香川県民も含む)も太鼓判を押している。

f:id:namakoman:20191010235942j:plain

讃岐平野の田園地帯を貫くように走る国道32号線バイパス。こだわり麺やはバイパス沿いの林の中に佇んでいる。ドライブ中のランチに最適だ。

店内は広々としており、ゆったりと座ることができる。

f:id:namakoman:20191010235938j:plain

冷かけうどん(中)、とり天(300+100円)

たくさんのメニューがある中で、僕は冷かけうどんを選んだ。最近冷かけうどんに凝っている。引き締まったうどんのコシと、出汁の味わいの双方を強く感じることができるからだ。香川に行った頃はまだ暑い日が続いていたので、さっぱりと頂ける冷かけを体が求めていた。

f:id:namakoman:20191011000004j:plain

うどんを掴みやすい特殊加工の箸で、早速一口。うん。やっぱりコシが最高だ。むっちりとした弾力もあって、噛み切るのが楽しい。

鰹・いりこの白だしベースの出汁は、うまみがたっぷりありつつもまろやかな味わい。香川県の最近の一押しである希少糖のシロップを使用しているとのことだ。

とり天は柔らかくジューシーで、とても満足度が高い。さっぱりとした冷かけうどんと合わせても、とても美味しかった。

 

やっぱり広く展開している店には広く展開できるだけの理由があるんだなぁ… 弟の太鼓判も納得できる味わいだった。何より、前日のうつ海うどんに続いてこちらも非常にリーズナブル!たったの400円でお腹いっぱい楽しめた。

徳島でもレベルの高いうどんを楽しむことができるけれど、やっぱり本場の一杯はレベルがかなり違う。今後も香川に行ったら、うどんはぜひ積極的に味わっておきたいと思う。

ごちそうさまでした。