なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

香川で讃岐うどん食べ比べ 1.うつ海うどん(高松市下田井町)

f:id:namakoman:20191008075954j:plain

先日、香川に遊びに行ってきた。

香川には弟が住んでいて、遊びに行ったときに良い感じのさぬきうどんの店に案内してもらった。

弟曰く香川県のうどん店は当然ながら全体的にレベルが高くて、弟も香川に5年以上住んだ結果うどんに関してはかなり舌が肥えたのだとか。

そんな弟が「とてもリーズナブル」と言って薦めてくれたのが、高松市下田井町のハローズ六条店の近くにある「うつ海うどん」という店だ。

 昼時のうどん屋はとても混む。行った日が休日だったというのもあるけれど、それ以上に香川の個人経営のうどん屋昼の時間帯のみの営業であることが多いからだ。

混んでいても回転率自体はとても良くて、席を簡単に見つけることができた。

f:id:namakoman:20191008075954j:plain

注文したのは「冷かけうどん(中)」と「げそ天ハーフ」。(280+110円)

うどんが二玉入った中サイズが280円だなんて!これは相当安い。

まずは麺から一口。つるつるとした舌触りに喉ごしがたまらない!このうどんなら飲めるんじゃないかと思えるようなレベルだ。それにしっかりとしたコシもたまらない。弟が言うには、香川のうどんが好きな人は他県だとコシが弱すぎて満足しないらしいけれど、確かにこのコシに慣れたら戻れないような気がする。

だしはいりこベースで、ほろ苦い複雑な旨みがたまらない。甘すぎず主張しすぎず、控えめなイメージだけど、それがどこか奥ゆかしくて上品だ。

天ぷらもとても美味しかった。

 

ワンコインどころか400円もかからずお腹いっぱいになれるとはびっくりだ。さすが弟が「リーズナブル」と言っただけある。安くて旨い最高の店だった!

ごちそうさまでした。

f:id:namakoman:20191008075951j:plain

店内に貼ってあった張り紙が妙に印象的だった