なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

淡路島南岸のオアシス お食事処ちゃりこ(洲本市畑田組)

f:id:namakoman:20190901235050j:plain

淡路島ネタ、こすります!(え)

先日の淡路島サイクリングにて訪れた飲食店や道の駅を、改めて詳しく紹介していきたいと思う。

まずは淡路島南部の急坂地帯を乗り越えたところにあるオアシス、淡路島モンキーセンターに隣接している「お食事処 ちゃりこ」から。

f:id:namakoman:20190901235010j:plain

入口のところの緑色の提灯が目を引く。地場食材を活用した、地産地消の店だ。

サイクリスト向けに用意されたサイクルラックにロードバイクを止めて、店内へと入る。

f:id:namakoman:20190911011704j:plain

店内はウッディ―で落ち着いた雰囲気。僕が訪れた時間帯には他のお客さんはいなくて、貸切状態だった。

f:id:namakoman:20190911011659j:plain

メニューはカレーやうどんを中心に豊富だが、イチオシは「淡路島カレー」と「地ダコの天ぷら定食」。ここに辿りつくまでの沿道に建てられた看板にも、その二つのメニューが大きく書かれていた。

どちらのメニューも淡路島特産のタコと玉ねぎを使用しているようだ。どっちにしよう… だけどその日はスパイスが欲しい気分だったのでカレーを選んだ。

f:id:namakoman:20190901235050j:plain

こちらが淡路島カレー。(1200円)

具材としてタコのフライと玉ねぎのフライが乗っている。また、フライドオニオンのチップも乗っている。

苦手なトマトをまず最初にやっつけてから(笑)、主役のルーを一口。おっ、すごいコクだ!コクのある甘味を感じられる。このルーには玉ねぎが煮溶けていて、水分は玉ねぎに由来しているとのことだ。

トッピングのタコフライはとてもソフトな歯触りだ。安いタコによくあるような、固いゴムのような食感は一切ない。むっちりとした弾力に押し返される。

玉ねぎフライも玉ねぎの甘みを感じられる素朴な味わいだった。

淡路島の味をチャージして、英気を養うことができた!南岸の急坂地帯を乗り越えられたのは、このオアシスのおかげだと言っても過言ではないと思う!

ごちそうさまでした。