なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

天然温泉 えびすの湯(徳島市論田町)

f:id:namakoman:20190820233119j:plain

2019/8/18訪問

マリンパレットの小松島中華で洞月の味を再現した中華そばを食べてきた帰り道。なまこ探検隊は冒険の汗を流すべく、ある場所に向かった。

小松島中華に関する記事はこちら↓)

namakoman.hatenablog.com

f:id:namakoman:20190820225120j:plain

なまこ探検隊の次なる目的地。それは徳島市論田町にある天然温泉「えびすの湯」だ。

f:id:namakoman:20190820225124j:plain

えびすの湯は勝浦川の河口付近、勝浦浜橋の南岸付近にあるスーパー銭湯で、地下800mから湧出する源泉を使った天然温泉。泉質は含鉄-ナトリウム・マグネシウム-塩化物温泉で、神経痛や関節痛などによく効くとのことだ。

f:id:namakoman:20190820225129j:plain

館内は写真撮影禁止なので、パンフレットの写真を使って紹介しようと思う。

…まあ当然だね。カメラ持って風呂に入るわけにはいかないし。他のお客さんの下のなまこが写ってしまうから(コラ)

f:id:namakoman:20190820225138j:plain

えびすの湯の入湯料は大人700円(会員価格650円)、子供350円で3歳以下は無料。

f:id:namakoman:20190820225146j:plain

地下800mから湧き出る源泉「籠の元湯」は鉄分を含んだ塩化物温泉で、神経痛や関節痛によく効く。

f:id:namakoman:20190823212240j:plain

内風呂にも外風呂にもたくさんの風呂がある。個人的なおすすめは「なぎさ風呂」。寝そべった状態で快適な半身浴ができる。

「壺湯」は五右衛門風呂をイメージした風呂で、湯船を独り占めしてゆったりと入れる。

f:id:namakoman:20190823014416j:plain

大きな露天風呂「岩風呂」は、赤褐色の濁ったお湯が特徴。鉄分を含む源泉の色だ。ちょっとした洞窟があって、年甲斐もなくわくわくしながら冒険した(笑)

f:id:namakoman:20190823014412j:plain

他にもジェットバスや電気風呂などのマッサージ湯がある。女湯にはジャグジーもあるらしい。さらに広い休憩室もあり、湯上り後も快適に過ごせる。

阿南徳島自転車道の起点付近にあるので、サイクリングの目的地や補給地点としても便利に使える、とても良い温泉施設だった。

 

…帰り道で汗をかいたから、帰宅後再びシャワーを浴びることになったけど(笑)