なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

有形文化財の酒蔵で頂く本格そば 蕎麦 堂眞

2019/6/30訪問

先週末(6/29、6/30)には他県より弟が遊びに来ていた。しかしその日の徳島はあいにくの雨模様だったため、雨でも見て回れる徳島県立防災センター」を訪問した。

namakoman.hatenablog.com

その後はカラオケに行ってキッズルームに通されたり、スシローで夕食をとったり、徳島最強の味付け海苔・大野海苔で宅呑みをしたりなど楽しんだ。

天候の回復を待ち就寝したものの、30日は前日にも増して強い雨。弟からの「そばを食べたい」というリクエストに答えて、僕は以前から気になっていた店に向かうことにした。

 

f:id:namakoman:20190707223342j:plain

徳島市福島の、助任川東岸にあるそば屋「蕎麦 堂眞」だ。

 

f:id:namakoman:20190707223358j:plain

f:id:namakoman:20190707223404j:plain

こちらの店は、有形文化財に登録された築100年以上の酒蔵を改装して作ったそば屋だ。勢玉酒造という造り酒屋が経営している。

徳島市内は強い雨だったが、店内はたくさんのお客さんで賑わっていた。

席が空くまで、店の周りを見物することにした。

 

 

f:id:namakoman:20190707223332j:plain

そば粉は自家製粉

f:id:namakoman:20190707223321j:plain

f:id:namakoman:20190707223346j:plain

店舗の隣には売店があり、勢玉酒造のお酒を買うことができるほか、勢玉酒造の歴史を感じられる展示品を見ることができる。

風情ある雰囲気を楽しんだところで、席が空いたようなので店内に入った。

 

f:id:namakoman:20190707223336j:plain

風情溢れる店内は淡い照明で雰囲気抜群

f:id:namakoman:20190707223412j:plain

食前のそば茶。良い香り

f:id:namakoman:20190707223416j:plain

注文したのは「そば米雑炊と蕎麦のセット」(1100円)。

そばはつるりと滑らかな二八そば。喉ごしがとても楽しい。そばつゆは濃いめの味付けで、鰹のうまみがよく効いている。

そば米雑炊は優しい鶏ベースの汁に、柔らかい掻き玉がとても美味しい、落ち着く味わいの一杯だ。

そして〆にそばつゆをそば湯で割って頂く。鰹だしのうまさを余すことなく味わうことができた。

 

f:id:namakoman:20190707223424j:plain

食後のコーヒー付き

f:id:namakoman:20190707223324j:plain

店員さんの応対はとても丁寧で、快適でゆったりとしたランチタイムを過ごすことができた。

何より、有形文化財の酒蔵は雰囲気抜群。風情ある酒蔵の中で味わうそばというのもまた乙なものだった。

 

…とはいえ、野郎二人で来る場所ではなかったかもしれない(笑)

こういうおしゃれなところには恋人を誘うもんだ!くぅ。先日ふられたばっかりの傷ついた心に塩が塗りこまれるぜ。