なまこマンの四国満腹宣言!

瀬戸内海のとある海底に潜む侵略者・なまこマン。来るべき地上制覇の時のために、彼は今日も四国の情報を収集する。 (徳島県を中心とした四国のグルメ・地域情報ブログです。)

なまこマンの四国満腹宣言!

MENU

最近食べたものいろいろ振り返り(Twitterまとめ)

先日、Twitterアカウントを整理してブログ連携用の新しいアカウントを作った。Twitterではブログ記事にするほどでもないような些細なことをつぶやいている。

しかしその中にも、過去ログの奥底に埋もれさせてしまうには惜しいようなものがいくつかある。なので、今回はツイートの中から、「一つの記事にするほどでもないけれど、紹介はしておきたいもの」をいくつかピックアップしようと思う。

※2019年12月にTwitterアカウントを削除したため、当時のスクリーンショットを掲載しております。

燕三条系ラーメン「麺屋はる」のお土産ラーメン

f:id:namakoman:20191222005405p:plain

ゴールデンウィークに帰省したとき、 実家で「麺屋はる」の箱入りラーメンをもらった。

麺屋はるは新潟県燕市にある、燕三条系ラーメンの有名店の一つ。 燕三条系ラーメンは新潟県燕市三条市周辺で食べられているご当地ラーメンで、極太麺に濃い茶色の魚介醤油スープ、スープに浮かぶ大量の背脂が特徴だ。

僕にとっては初めての燕三条系ラーメン。早速調理してみる。

f:id:namakoman:20191222005556p:plain

かなり濃い茶色のスープは普段食べる徳島ラーメンとよく似ているが、匂いも味も全く違う。辛みのある濃いめの醤油味に、煮干し系の魚介の風味がよく効いていた。極太の麺も食べ応え抜群だった。

これはお土産用のインスタントなのでそこまででもないが、Google画像検索などで燕三条系ラーメンの写真を見ると、スープの液面を覆い隠さんばかりの量の背脂が乗っている。本場では、きっと濃密な背脂体験ができることだろう。しかしスープのキレと魚介の風味によって、そこまでくどさを感じることなく食べ進められることだろう。

ともかく、ぜひとも一度本場で食べてみたいと思わせてくれる味わいだった。

「牛すじ壱成 神戸空港店」の石焼きぼっかけ

f:id:namakoman:20191222005651p:plain

先日、出張のため東京に出向いた。その道中の神戸空港にて頂いた。

神戸空港3階のレストラン街、牛すじ壱成神戸空港店の「石焼きぼっかけ丼(980円)」だ。味噌汁と大根の甘酢漬けがセットでついてくる。

醤油・みりんで甘辛くとろとろに煮込まれた牛すじとこんにゃくは食感が楽しく、熱々の石鍋で熱されることによって香ばしさがさらに増していた。

テンションの上がる一杯で、長旅に向けて英気を養うことができた。

豊洲市場「大和寿司」

f:id:namakoman:20191222005744p:plain

東京出張二日目。この日は同伴の中国人留学生に寿司を食べさせてあげたくて、銀座近辺でランチ1000円台から食べられる寿司屋を探していた。

…その話を偶然出会った別の研究室の先生にしたところ、「せっかくなら豊洲で食べないか」という話になって、なんと留学生と一緒に御馳走して頂けることになった。

こちらの大和寿司は元々築地市場にあった名店で、市場の豊洲移転と共に店舗も豊洲に移転した。

注文したのは「おまかせ」。一度は言ってみたい台詞だ。「おまかせ」コースの値段はなんと4320円。僕の懐事情では、食べようと思うと相当な大冒険になってしまう…

訪問日のおまかせコースの内容は「大トロ」「スミイカ」「鉄火巻き」「いくら巻き」「中トロ」「ボタンエビ」「ウニ」「厚焼き玉子」「アナゴ」「カンパチ」で、それにしじみの味噌汁も付いてきた。

ツイートにも書いている通り、どれもとろけるような上品な味わいだった!

大トロはきめ細かくサシが入っていて、上品な脂の味が舌一杯に広がるし、いくらは噛みしめた後舌の上に広がる味わいがとても濃厚。カンパチや中トロは歯触りと脂と風味のバランスが最高だった。味噌汁も出汁の味が上品で、卵もとても美味しい。

おそらくは、今後当分無い経験だろう(笑)

御馳走してくださった先生に感謝するとともに、僕も後輩にこういう高級な料理を気前よくポンと奢れるような人間になりたいと思った。

東京駅一番街「越後そば」

f:id:namakoman:20191222005852p:plain

東京駅一番街にある越後そば東京店に立ち寄った。

注文したのは「越後セット(660円)」で、かき揚げそばにいなり寿司とおにぎりが付いてくる。そばは温かいものと冷たいものから選ぶことができ、おにぎりの具も選ぶことができる。

つるりとしたのどごしに、関東風の甘辛いつゆがたまらない。かき揚げは揚げ立てでおいしく、特にネギが良い味を出していた。

東京では富士そばゆで太郎などの安いチェーン店や立ち食いそば屋を多く見かけるが、徳島ではあまり見かけない。文化の違いだろうか?あったら間違いなく入り浸る(笑)

 

Twitterを始めたら、あわよくばブログの宣伝にも使えるんじゃないか… などと考えていたが、蓋を開ければラーメン屋のアカウントや、公式アカウントや、いい感じのイラストを眺めるためのツールになってしまっている(笑)

とりあえず、ブログ更新がTwitterのおまけになってしまわないようにはしたいところだ。